サワイ、クエチアピン錠、ルネスタ錠、イフェクサー

薬の名前はサワイ、クエチアピン錠、ルネスタ錠、イフェクサーというものです。
薬を服用し始めたのは今年の春くらいからで、今現段階で病名をつけるなら社会不安障害というものです。病状は私の場合は主に朝の体調不良で吐き気や体がだるい感じがします。薬は心療内科で診察を受け薬剤所で主に二から四週間分もらっています。
服用すると、サワイは夕方飲む薬で不安や緊張を取り除きます。副作用として眠気や注意力が低下するので運転などはできません。クエチアピン錠も夕方飲む薬で気分を安定させます、副作用は同じように眠気や注意力が低下します。ルネスタ錠は寝る前に飲む薬で寝つきをよくする薬で副作用は上二つと同じです。イフェクサーは朝飲む薬で気持ちを楽にして意欲を高める薬です。副作用で眠気やめまい等を起こす可能性があるので昼間眠くなるようなことがある場合は運転などを控えます。これらを服用しないと朝体がだるかったり夜眠れなくなります。服用における注意点はどの薬も眠気があるので車などの運転は出来るだけ控えるようにします。服用において苦労している点は特にはありませんがイフェクサーという薬がカプセル状なので飲み込め無かったりします。この病気は何年も治らない人や半年くらいで治る人もいるので一概にいつまでとは言えませんが、一年以上は確実に服用を続けていくと思います。薬の数も多く薬代が少し高いので途中で飲むことをやめてしまう可能性がありますが私自身としてはなるべく早く治していきたいと思います。もうひとつの病気は過敏性腸症候群というものでこれは約二年前から服用しています。病状は突然の腹痛が主で車での長時間の移動や会議中などトイレに行けない状況やストレスがかかるときになることが多いです。この薬は内科がある病院でもらっています。薬の作用は腸内で水分を吸収し、腸の内容物の動きを調節することで下痢や便秘などの症状をよくします。副作用は吐き気が多いです。朝昼夜の食後に飲むのですが今は症状が落ち着いてきたため、長時間の移動や会議など腹痛が起きるであろう用事の時にのみ数日前から服用しているようにしています。そのため定期的に病院には通っておらず前に行ったときに次いつこれるか分からないため、約100錠近くもらいました。今現在も薬は残っているので病院には通っていません。この病気もいつ治るか分からないのでどれくらい服用し続けるかなどは不明です。薬が少し大きいためこれも飲み込むのに苦労します。