リボトリールの服用について解説します。

リボトリールを服用し始めたのは約4年前から。

リボトリールを服用し始めたキッカケ|薬の効果、副作用は?

きっかけは口腔内灼熱症候群という病気にかかってしまったからです。
最初に処方されたのはサインバルタカプセルでしたが、服用したとたんに副作用で食欲がなくなり、その後しばらくの間食べることができなくなり入院しました。
そこで次に処方されたのがリボトリールだったんです。
こちらも副作用はありますがサインバルタとは真逆の副作用なのです。
つまり食欲が出すぎてしまう副作用。もともと小食の私にはぴったりの薬でした。
この病気は某大学病院で治療を受けているため近くの薬局に医師の処方箋を出して薬を頂いています。
先に副作用の話しをしましたが、リボトリール本来の効果はうつ病の薬です。
気持ちをリラックスさせセロトニンとノルアドレナリンの働きを高める作用があります。
精神の落ち込みや無気力に改善効果がある薬です。

 

しかしなぜ口腔内灼熱症候群に抗うつ薬?と思われる方もいるでしょう。
口腔内灼熱症候群は今のところストレスが原因でかかる病気とされているからです。
口腔内に認められる原因がないにもかかわらず火傷したような灼熱間を常に感じ続ける病気なのです。
そこでストレスや不安を和らげるために抗うつ剤を飲み、気持ちを楽にすることで症状の改善を図る事を目指しています。
しかし4年前から飲んでいるということは改善が見られないということになります。
だったら飲まない方が良いと思うのですが、その様な理由で1度リフレックスを辞めたことがあります。すると断薬して3日目位からなんとなく体がソワソワするのです。
また、リフレックスには眠くなる作用もあるため飲まないと寝つきが悪くなります。
1日中ヒリヒリとした口の痛みを我慢するだけでかなりのストレスです。

 

リフレックスを飲んでもヒリヒリ感がおさまるわけではありませんが、少し気持ちが楽になり、寝てしまえばヒリヒリ感を感じることはほとんど無いのでかなり助かります。
飲まない事で体がソワソワするのはおそらく口がヒリヒリすることのストレスや、それに対する不安が無意識のうちに溜まって出てくる症状なのではないかと思います。
気を付けなければいけないのは、薬全般に言える事ですがお酒を飲むと効果が強くなるため、お酒の場へ行く事は極力控えています。
また眠気が強く出るので大事な約束の前には飲む量や時間を考えなくてはいけません。
4年も飲み続けていると今の病気がリフレックスで治るとは思えないのですが、気持ちを楽にしてくれるだけでも助かっています。
いつの日か口腔内灼熱症候群の改善薬が発見されるまで、この薬を飲み続けていくことになるでしょう。